濡れても、汚れても、遠慮なく洗えるラフィア風手芸糸!! コースターで実践!

 コースターの乾かし方

先日の記事で、コットンラフィアのコースターが大変好評だったので、今日は、吸収力バツグンのコースターがビショビショに濡れた時の乾かし方をご紹介します!

 

コットンラフィアで編んだコースターは、グラスについた水滴をぐんぐん吸収するので、コースターがどんどん湿気を帯びてきます。

でも、ここが他の素材と大きく違うところですが、コースターの下のテーブルはサラサラのままなんです!It’sAmaging!!

濡れたグラスが載っているのに、テーブルはサラサラのまま!

湿ったコースターは、吊るして干しておくだけでOK👍

汚れがひどい時は、中性洗剤で洗ってください。

中性洗剤で手洗い

コットンラフィアの糸はコットン成分由来なので、洗えます。これがこの素材のすごいところ!

(ただし、漂白系の洗剤は使わないようにしてください。)

すすぎ洗いのあとは、ギュッと絞りましょう。

握るようにギュッと
ギュッと絞ったあと

固く握るようにギュッと水分を絞ったあとは、吊るして乾かしましょう。

吊るして乾かせば元通り!

お急ぎの場合は中温でアイロンしていただければOK!

アイロンは中温で

発色がよく機能性もバツグンなコースターは、贈り物にも最適です。

近日、編み図も公開予定なので、お楽しみに☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA