お手入れについて(洗濯時の注意)−「帽子のハリを戻す方法」加筆

夏糸コットンラフィアは洗える





洗濯時の注意

コットンラフィアは、手洗い可能な手芸糸です。

特にお子様用の夏の帽子などは、汗をかいた後に洗って頂く機会も多いかと思います。

コットンラフィアは、コットン由来の天然素材です。一般的に綿100%のTシャツなども、洗濯を重ねることで襟元が伸びてきたり、生地が薄くなってきたりしてしまうのと同じように、形状記憶はできません。

ですので、ジャブジャブと洗濯機で洗ってしまってはせっかくの手編みの風合いも崩れてしまいます。

より長く、コットンラフィアで編んだ作品をご愛用いただくために、手洗いしていただく上で以下の3点をご注意ください。

 

1.水洗いをしてください

30度以下推奨ですが、できるだけ水で洗ってください。

特に帽子の場合は、洗濯糊をご使用いただくことをおすすめします。

2.柔軟剤は使わないでください

柔軟剤をご使用されますと、乾いた後でも原型に戻りにくくなります。

3.脱水・乾燥機能は使わないでください

乾いた後でも形が戻りにくくなりますので、脱水・乾燥機能は使わずに、天日干しで乾かしてください。
 

もし、柔軟剤を使ってお湯で洗ってしまった場合、どうなるのか?

それは、こちらの動画を見ていただければ一目瞭然です。

   右:洗っていないもの。

   左:柔軟剤を使ってお湯で洗ったもの。

柔軟剤を使ってお湯洗いしてしまいますと、乾いた後でも形が崩れてしまい、編んだままの形に戻すことができなくなってしまいます。

もし間違えて洗ってしまってフニャフニャになってしまったた場合、洗濯糊を使って再度手洗いしてみてください。ハリ感を完全ではないですが蘇らせることが可能です。

 

帽子の洗い方(洗濯糊使用の場合)

ひどい汚れ以外は、洗剤は使用しなくて大丈夫です。汚れが気になる場合は、おしゃれ着洗い用洗剤をほんの少量使用してください。

今回は、帽子にハリ感を残すように洗う、「洗濯糊」を使用した洗い方をご紹介します。

1.洗濯糊に浸け置きます

1721524710152 .pic  1024x768 - お手入れについて(洗濯時の注意)−「帽子のハリを戻す方法」加筆

洗濯糊は、洗濯機で使用可能なものから、手洗い用のものまで多種ございます。手洗い用の洗濯糊をご用意ください。

帽子が浸かるくらいの水600mlに対して、約80mlの洗濯糊をよく溶かし、帽子全体に糊が行き渡るように、10分ほど浸け置きます。(お使いの洗濯糊の使用量に準じて使用量は調整ください)

2.軽くすすいだ後、押して脱水

1741524710153 .pic  1024x768 - お手入れについて(洗濯時の注意)−「帽子のハリを戻す方法」加筆

ココで重要なポイントは2つ。

・軽くすすぐこと

・折りたたんで手で押すように水分を抜くこと

の2点です。

しっかりすすいでしまうと、糊が定着しません。軽くすすいでください。

また、洗濯機の脱水機能や乾燥機能は使わないでください。また、手でひねるように絞るのもNGです。

3.通気性がいい場所に天日干し

1661524710151 .pic  - お手入れについて(洗濯時の注意)−「帽子のハリを戻す方法」加筆

通気性がいい場所で半日ほど天日干しをすると、80%くらいは水分が抜けます。

その後は、完全に乾くまで室内で陰干しします。この時に、水分が抜けやすいように中に乾いたタオルを詰めても良いでしょう。

4.完全に乾いたら、スチームアイロンで成形

WechatIMG2312 1024x854 - お手入れについて(洗濯時の注意)−「帽子のハリを戻す方法」加筆

きちんと乾いた状態の作品に、スチームアイロンをしていただくと、より美しい形に戻せます。アイロン用スプレー糊をご使用いただくと、よりパリッと形が整います。 

スチームアイロンのかけ方については、「驚き!ぺしゃんこの帽子が簡単に復活!!一体どうやって!?」を御覧くださいませ。 

せっかく編んだ作品ですから、より永くご愛用いただくために、ぜひこちらの注意事項をお守りいただければと思います。










夏糸コットンラフィアは洗える

コットンラフィアってなに?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA